2コメント

ゴリパラメンバー情報②矢野ペペという男

P.PNG

[個人情報]

・生年月日:1979年2月7日

・本名:矢野広崇(やの ひろたか)

・大阪府豊中市出身

・父親(広二)は元消防士

・高校は大阪府立豊島高等学校。

・身長180cmと高め

・2016年に嫁:「アサミちゃん」と結婚。

・娘(2017年7月10日生)がいる。

・ガソリンスタンドでバイトしていたときに目の前で起きた車の事故で
 救助活動を行い表彰される。
  →そのエピソードを番組では何回もしており、ゴリけんは飽き飽きしている。

・小学校の頃野球をしており、主力選手だった。
 →福岡旅ではバッティングセンターですぐにHRを打った。


[芸人情報]

・1999年相方・斎藤優の誘いで芸人になる。

・誘いに乗った理由は、「芸能人は楽して稼げそうだから。」

・「矢野ぺぺ」の由来は、あだ名の「矢野っペ」から変化して。(「ぺぺ」はひらがな)
 →デビュー当初は本名で活動していた。

・デビュー後すぐに売れたが、実力に伴わず緊張で収録前に嘔吐していた。
 →内村プロデュースでは、一般人ぽさから内村に「誰?」
  といつも言われていた。

・2006年に福岡に転勤になる。

・パラシュート部隊ではツッコミ担当でリーダー
 →番組内でリーダーの座をかけた関ヶ原での相撲対決で勝利

・福岡に転勤になった後は、ゴリけんと同居をしていた。
 →当時、斉藤が唯一の既婚者だった。
 →部屋は別々だった。
 →だらしない性格のぺぺにゴリけんが毎晩のように説教して、
   「俺はクズ」など文字を書かさせていた。
 →「俺はクソ」「俺はクソ」と呟きながらシャワーを浴びていた。
 →そこから「I am クソ野郎」へとつながっていく。
 →斉藤曰く、「ぺぺは福岡来てゴリさんと同居してだいぶマシになった。
             前は本当にクズだった。」


・ネタはすべて相方の斎藤優が考えている。
 →そこを指摘されて一念発起してイベントで
  自分で考えた単独ネタをやったがものすごい滑った。

[趣味]
・ファッション
 →他の二人も矢野のマネをしたり相談したりする。
 →車移動中は後部座席でいつもスマホでファッションサイトを見てる。

・読書
 →「本を読んでる割に学がない」と言われたが、
  「本を読んでなかったらもっとひどい」
と反論した。
 →自己啓発本も読んでいた。

・釣り
 →プライベートで魚が釣れたことはない。

・ゴルフ
 →仕事を取るために始めた。

[性格・特徴]

・運動神経がある
 →ラグビーボールキャッチなどの運動チャレンジ系は大体成功する。
 →ほぼ未経験の状態でやったゴルフも経験者の斉藤と大差ない成績だった。

・酒は飲めない。すぐ酔ってしまう。
 →福岡転勤後に酒に強くなろうと自宅で訓練したが無理だった。
 →極稀に番組の一献で飲むことがある。

・美容に気を遣っている
 →日焼け止めや化粧水に気を使っている。
 →その割には吹き出物などができやすい。

・周りに気遣いが出来るためスタッフの評判はいい。

・反面、無意識に他人を傷つけることや失礼なことを言ったりする。
 →後輩の女性を泣かせたりした。

・Mr.Childrenが好き
 →番組内でもTomorrow never knowsを歌うことがある。

・エヴァンゲリヲンが大好き
 →旅の途中でエヴァンゲリオン関連のものを見つけると立ち止まったりする。
 →たまにエヴァンゲリオン関連のTシャツを着ることがある。

・弱いものに強く出る。
 →虫などにはオラつきながら喧嘩を売る。
 →そういう性格を富永Dに咎められたら
   「弱いものに強く出なくていつ出るんですか?」
と番組史上最低の発言をした
 →高い場所で高所恐怖症で動けなくなった富永Dを煽ったりする。

・音痴である
 →結婚披露宴では新郎であるぺぺがピアノ曲を披露したが、
   歌いだした途端会場がざわついた。
 →オンザロードでの歌の収録ではぺぺだけ褒められなかった。

・プレッシャーに弱い。緊張しやすい。
 →大きな舞台だと本番前になーバスになる。
 →歌のイベントでは緊張で歌詞を飛ばして大事になった。

・かつて見えを張って悪ぶったりしていた。
 →元暴走族だと話したが、その暴走族の知り合いがたまたまその場にいて
  「お前なんかしらねぇ」
と言われた。
 →彼女がミスをしたときに「説教してやる!」とイキっていたが、
   いざ本人を目の前にすると優しく慰めていた。

・向上心が低く受け身な性格。
 →富永Dなどぺぺが目立つ場面を用意しようとするも、
   本人は「どっちでもいいです」と消極的な発言をする。
 →批判されると「じゃあもう何もしゃべらない。」とすねる。
 →芸人としての目的は「これといって特にない。」


[旅での特徴]

・番組のナレーション全般を担当
 →番組当初は三人が順番に行っていた

・旅先での役割は「メモ・カメラ」担当。
 →行き先インタビューなどでは常にメモを取っている。
 →番組エンディングなどで使われる写真はぺぺが撮影したもの。
 →公式HPに『ぺぺ写真館』を持っている。
 →メモ係のぺぺが欠席したときに、斉藤たちが依頼者の連絡先をメモり損ねた。

・ペーパードライバーのため運転はあまりしない。
 →番組の企画で免許取得後に一人で自ら運転して長崎まで行ったことがある。

・自発的に動いたり、旅のプレゼンをしないために「受注業者」と呼ばれている。
 →「自ら発信しないが、発注されたものは受け付けます」と意思表明した。

・斉藤の要望により落ちてるものなどを食べさせられたりする。

・酒は飲めないので酔っ払った二人にいつも振り回される。
 →「ゴリペペ散歩」など。

・旅先などで冷めた性格で現実主義な部分もある。
 →旅の旅情などを楽しまず「それ意味あるの?」といったりする。

・車移動中になにか気になることがあったらWikipediaで調べさせられる役割
 →斉藤は運転、ゴリけんはパケット使用が増えるのを嫌うため。

・几帳面な性格でお金にしっかりしておりギャンブルにのめり込んだりしない。
 →ギャンブルで負けた他の二人にお金を貸してあげたりしている。
 →しかしパチンコの番組に出演したり、パチンコ店のCMにも出演していた。

・ファッション好きだが、番組内では汚れてもいい服(5軍の服)で出演する。
 →紫のパーカーが有名。
 →奥様が見るような情報番組はきれいめな服(1軍の服)を着る。

・嫁のアサミちゃんとは付き合い始めから結婚・出産まで番組で放送されている。
 →「彼女ができた」という話題からアサミちゃんの存在が放送されだした。
 →その後、向こうの家族との会食なども番組で話題になった。
 →結婚後は番組で披露宴イベントをサンパレスで開催している。
 →婚約届の提出は番組DVD内の福岡旅で行っている。
 →子供の出産も産婦人科までカメラが入っている。

・肌荒れや日焼けを異常に気にするので「ペペネエ」と言われてる。
 →しかし、吹き出物などのお肌トラブルが度々発生する。

・ルックスがよく高身長なため、見た目の話題になると他の二人を見下したりする。

・芸人オーラがなさすぎて旅先の店員にスタッフさんと間違われることが度々ある。

・ロケ中に一般人に声をかけられてもぺぺだけ知られてないことがある。

・純粋な気持ちで酷いを言ったりするので「イノセント矢野」と言われる。

・野暮なことをいうので「野暮ぺぺ」と言われる。

・ミスをしたりするとたまに逆ギレで大声で怒鳴ってごまかそうとする時がある。
 →斉藤「コイツこういうとこがあるから怖い」

・何故か雨が降っていても大雨じゃない限り頑なに傘をささない。
 →他のメンバーに「なんでなの?」と何回も言われているが頑なに傘をささない。

この記事へのコメント

  • 愛知キッズ

    初めまして。ゴリパラTRAVEL研究会管理人の愛知キッズです。
    突然のコメント申し訳ございません。
    上記URLに貴ウェブサイトをリンクさせていただきました。
    今回はそのご報告をいたしました。
    そしてご挨拶をと思いました。
    キッズ同士、お互いに仲良くしましょう。ではまた。
    2018年06月11日 00:17
  • まぁみぃ

    ここ1・2年で見始めたばかりなので、まとめ情報あると凄く助かります☆
    ぺぺさんのキャラが少し理解できてきました!
    有り難うございました(*^_^*)
    2018年12月30日 14:23